本校では、愛知県教育委員会が平成26年3月に策定した、「愛知県特別支援教育推進計画(愛知・つながりプラン)」の推進事業「障害の特性に応じた指導に関する研究」を委嘱されました。
そこで、「校内での取組」「地域支援での取組」の二つの面から研究を進めてきました。
 そのまとめといたしまして、平成28年2月5日(金)に、本研究の発表会を行いました。当日は、198名の来校者を迎え、第1分科会では、J☆sKepやWISC-Wによるアセスメントに基づいた、本校の目指す「自らできる、取り組める子」の指導事例の発表、第2分科会では、海部地区の特別支援教育の課題と方策を提案し、シンポジウム形式で討論し、小中学校の先生方と、それを共有することができました。
 今回の研究紀要は、下記よりダウンロードができます。
 また、「分かりやすい授業づくり、安心できる学級づくりの工夫」実践事例集は、こちらをご覧ください。

 ・平成26・27年度研究紀要(さおりの実践第26集)


 全体会の様子


      


 第1分科会の様子


      
 

 第2分科会の様子


     



 HOMEへ